メタボ

メタボ

メタボリック症候群の解消・改善についての情報を集めました。

PinkRuby通販 > メタボ

メタボ 基準

日本では、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

厚生労働省では、下記の数値をメタボ診断の基準としています。

1.ウエスト周囲径(内臓脂肪面積≧100cm2に相当)
 男性 ≧ 85cm
 女性 ≧ 90cm
2.血清脂質
 高トリグリセリド血症  ≧ 150mg/dl
 低HDLコレステロール血症 < 40mg/dl 
3.血圧
 収縮期(最大)血圧 ≧ 130mmHg
 拡張期(最小)血圧 ≧ 85mmHg
4.血糖値
 空腹時高血糖 ≧110mg/dl

腹囲はウエストではなくおへその位置の腹周りで計測します。ボディメジャーを使って計測してみましょう。

1. 立った姿勢で
2. へそ周りを平行に 
3. 息を吐いているとき(呼気の時)のサイズを計測

食事直後の測定では正常値が測れません。また女性の場合は特にウエストラインと腹囲ラインの差が数cmあることが多いため、正確な場所で計測する必要があります。

メタボ 改善

メタボリックシンドロームを改善するためにはどうすればよいでしょうか?

それは、内臓脂肪を減らすことです。内臓脂肪からは、メタボの症状のうち高血圧・高血糖の原因となる「アディポサイトカイン」という物質が分泌されます。内臓脂肪を減らすことで「アディポサイトカイン」の分泌も減り、メタボの原因となる高血圧・高血糖・脂質異常の状態も改善されます。

そして内臓脂肪を減らすためには、食生活の改善適度な運動が効果的です。
過食になりがちな食生活を改め、積極的に体を動かし日常的に適度な運動により、内臓脂肪は減っていきます。

適度な運動についてですが、血糖値を下げる働きのあるインスリンは筋肉の細胞に結びついて効果を発揮するため、運動により筋肉が活性化し血糖値を下げることができます。また脂肪も燃焼され、血管が拡がることで血圧も下げられます。

運動の方法は、有酸素運動が脂肪を燃焼させるのに効果的です。ウォーキングを毎日1時間続けるだけでメタボ改善には大きな効果があります。

ジムに通うのもメタボ改善に有効です。自宅での運動は手軽そうに思えますが、習慣化させるのは意外と大変です。ジムに通うことで半ば強制的に運動しますで、習慣化させることができます。

トマト メタボ

トマトにはメタボを改善するのに有効な脂肪の燃焼成分が含まれています。
2012年2月10日に京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授が発表した研究成果によると、トマトに含まれる有効成分「13-oxo ODA」により、メタボの原因となる中性脂肪の燃焼が促進されたいうことです。

ちなみに、人間に換算すると、効果があるのは1食2~3個だそうです。かなり多い量ですので、メタボ改善のためトマトばかり食べた結果、栄養が偏ってしまわないように注意する必要があります。

サプリメントなどを利用すれば、効率よく摂取することができます。メタボ改善のために効率的なダイエットを心がけましょう。

おすすめダイエットサプリ:>>「食べスリム トマ美ちゃん」<<

メタボ トップへ戻る

Copyright 2014 © PinkRuby通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ