加齢臭

加齢臭

加齢臭の原因、予防対策や女性の加齢臭についての情報を記載しています。

PinkRuby通販 > 加齢臭

加齢臭 原因

加齢臭の正体は「ノネナール」という物質です。これは人間の皮脂が酸化することで発生する物質です。

ノネナールは特に洋服等の襟元にたまりやすい性質があります。 そのため頭部、首元、耳元から強烈な臭いが発生している原因となっています。

その名の通り、年齢を重ねるにつれて皮脂が分泌量が増え、それが臭いの増加につながります。したがって対策としては皮脂の酸化を防ぐことが重要になります。

ちなみに発生するのは50代くらいからと言われていますが、30~40代の男性にも特有の臭いが発生し、「ミドル脂臭」と呼ばれているものです。特に耳の後ろなど後頭部から発せられます。

マンダムによれば、これは「ジアセチル」を原因成分とするアブラ臭のようで、皮膚の常在菌が汗に含まれる乳酸を代謝することで、不快な臭いを発生させるようです。

加齢臭 予防

寝ている間に汗をたくさんかきますよね。汗と同時に臭いの原因となる皮脂も多く分泌されます。
この皮脂が酸化することで悪臭を発生させることになりますので、朝いちばんにシャワーで洗い流しましょう。温度は熱めがよいと言われています。

また、ボディソープもこれに対応したものがよいです。
海泥や柿渋を含んだ「クレイブ」というボディソープがおすすめです。 柿渋には消臭効果や殺菌効果、抗酸化作用があります。

また、加齢臭の原因は衣類にもあります。身体から出た汗や皮脂が衣類に染みつき、そこで細菌が繁殖して悪臭を発生させることがあります。このため衣類でも消臭対策をしたシャツがあると予防になります。

加齢臭 女性

加齢臭と言えば、中高年の男性の悩みと考えられがちですが、最近では女性にも増えているそうです。

発汗とともに分泌される皮脂が酸化することが原因なのですが、女性はもともと発汗量が少ないです。
しかし、閉経したりホルモンバランスが崩れると、発汗量はもとより皮脂の分泌量も増えていきます。
このため、女性でも臭いのもととなるノネナール成分が増えてしまうことになります。

また頭皮の皮脂も増加します。女性の場合、スタイリング剤を使う方が多いので、頭皮の皮脂はとても酸化しやすくなります。このことも臭いが発生する原因となってしまいます。 

対策のためにはシャンプーを選ぶ必要がありますが、通常のシャンプーでは頭皮の汚れは十分に落ちず、毛穴が汚れ、臭いのもととなる雑菌が繁殖しやすくなる場合があるそうです。

最近は加齢臭対策を銘打ったシャンプーが多く発売されています。頭皮に対する刺激が少なく、脂肪酸や過酸化脂質を洗い流す成分が含まれているそうです。ノンシリコンシャンプーはダメで石鹸系シャンプーを選ぶとよいそうです。

おすすめ:>> 頭皮クレンジングで臭いケア【the MILLS】エイジングケアシャンプーコンディショナー <<

加齢臭 トップへ戻る

Copyright 2014 © PinkRuby通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ